スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | top↑
悪愛超訳 #18

■第18話■



病院から抜け出したスファン。
医者はヨンギに手術をすれば少しの時間、延命できると告げる。
ヨンギが外に出るとスランがインジョンに電話で怒鳴りつけていた。
「もうインジョンを苦しめるな」 とスランに言ってヨンギは切ってしまい、
「会いましょう」とスファンに伝言を残すインジョンに、
自分がスファンを説得するから君はもう辛くなるな、という。




家に帰ったヨンギにスランが詰め寄る。
「俺がイ・スファンを手術させるから、インジョンに触れるな」
「絶対できない!」
「イ・スファンの手術を口実にしてインジョンを責めるのをやめろ」
「イ・スファンが姉さんを愛さないのは姉さんのせいだ、
 どうして一度も姉さんの名前を呼ばないのか、考えてみて!」
「最後の言葉はお父さんが生きてたら言えない言葉よね」




スランは心労で倒れてしまう。
泣きべそをかいているミソにヨンギは話しかける。
「ママ、大丈夫だよ」「おじさん、ママ本当に大丈夫?」




スファンはカン会長の墓を訪ねていた。
「泣き言を言いに来ました、いや恨みに来ました
 ひと時、一番尊敬して頼って憎んだあなたを思い出して来ました
 私、死ぬんです、恐ろしいです、生きたいです、
 何の罪を犯したからこんな風に死ななければなりませんか?」
歩き出したスファンは痛みで倒れてしまい、病院へ運ばれる。

連絡を受けたヨンギはスファンのいる病院に向かう。
ウンテクにもスランにもインジョンを連れて来るようにいわれるヨンギだが
決意は変わらず、自分がスファンを説得するという。




「良心があるなら病院へ行くべきじゃないんですか?」
いったい何人の人生を壊すつもりだとシニョンにいわれたインジョンは
悲しみと悔しさのあまり非常階段で泣いてしまう。
ジョンウは戻ったヨンギに伝え、ヨンギはインジョンを慰めにいく。

インジョンばかりを大切にするヨンギにシニョンは怒りをぶつけ
大韓建設のスキャンダルとして公表すると脅迫してもヨンギは取り合わない。




ヨンギはスファンと釣りに行くことにする。
「体調は大丈夫なの?」「つらかったら言うよ」
ぎこちない雰囲気に笑いが出るスファン。
「そういえば打ち解けて話したこと一度もなかったな」
スファンはヨンギの父と一緒に何度も釣りに訪れたという。
「もしかしたらお父さんとの記憶は俺より多いんじゃないか?」
「会社ではパートナー、家ではお前の変わりに息子役だったからな」
息子ではなく息子役だった、釣りの時にヨンギの分として一台余分に
釣り糸をたらしていた会長をみてひねくれたと告白するスファン。

「頼んでもいいか?別れるな、インジョンをしっかりと掴んでいろ」
「心配するな!」




ペンションにいった二人は焼酎を飲みながら本音を語りあう。
「このままあきらめるつもりなのか?」
「誰よりも生きたいのは俺だ、切実にだ」
「じゃぁ、どうして放棄するんだ!」
「放棄ではない、そのまま受け入れたんだ」
手術をして少しの時間でも生き延びて後悔をなくせというヨンギに
病院に通いながら生きる人生はしたくないというスファン。

インジョンとの楽しかった日々を夢に見たスファン。
スファンの思いを聞き、河辺を見つめ考えふけるヨンギ。
戻ったヨンギにスファンは「捨てていかなければならないすばらしい夢を見た」という。

「会いたいのか?」




スファンに会わせる為、インジョンを呼び出すヨンギ。
彼に対する恨みは終わらせれば、私たちは身軽になれるというインジョン。
「あなたの気持ちはわかるわ」
「いや、君には分からない」
「私が愛する女,、私の女を他の男が捜しているのに
 死んで行きながらもその名前だけ呼んでいるのに、気楽そうか?」

「心を空けてきた、俺が一度だけ会わせてやろう!」
「彼を楽に送ってあげよう」




「もしかしたら私たちのは愛ではなかったのかもしれない」
初めて会ったときから間違った愛だと分かっていたし、
インジョンも間違った愛と分かっていた、愛じゃなかった、というスファン。
「手術を受けて、もうあなたを恨まないよ、笑いながら暮らして」
母親に見送る時間を、スランに容赦する時間を与えるべきだというインジョン。
「あなたの人生はあなた一人だけのものじゃないはず、
 私にすまなくて手を直してくれようとおもったんじゃないの?」




ペンションを出てきたインジョンをヨンギはやさしく抱きしめる。




「ミソ、パパはちょっと痛いんだ」スファンはミソと話をする。
「分かってる、ママが話してくれた、パパの前では泣くなといったの」
といいながら、涙ぐむミソ。
「じゃぁどうして泣いてるの?」「耐えればもっと涙がでちゃう」
「手術がおわったら帰ってくるよね?また出張行っちゃうの?」
「ちょっと長いからママの言うことをよく聞いてね」
「ママの言うことよく効いてるから早く帰ってきてね」




「酒に酔って卑劣な言葉をいってごめんね、本心ではなかったの」
「分かってる、スランという人は心にない言葉吐き出すのが得意だ」
「必ず、生きて!あなたにありがとうと一度もいえなかった、
 私と暮らしてありがとうという言葉聞きたかったら必ず生きて!」
「つまらない私と今まで暮らしてくれてありがとう」


スファンは手術室に入っていった。


>> 戻る
悪い愛 | top↑
| ホーム |
CINDERELLA MAN
悲しみよりもっと悲しい話
日本公式HP
sadsad website


予告編


イ・スンチョル MV


キム・ボムス MV

「宿命」
since 20070126
CALENDER
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
SEARCH
MOBILE
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。