スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | top↑
悪愛超訳 #15

■第15話■



インジョンに見せ付けるようにシニョンの部屋に入ったヨンギだが、
部屋に入るとシニョンを冷情に引き離す。
ヨンギの態度にシニョンはあわてるが、
どうせ出て行くことも出来ないんだからと、部屋へ招き入れる。




手首の傷はお金の為にやったジェスチャーだったと語るシニョン。
借金をして大韓建設にも追い込まれ父親は自殺したという。
人は現実が大変ならば,、感情なんかは敢然と捨てる、
多分インジョンもヨンギの愛を信じることができないのではなく
変わるかもしれない男の心を信じることが出来ないんだろうという。
「私を利用してください、願いがかなったら、私の願いもかなえてください」
シニョンは本気でヨンギの心が欲しくなっていた。




インジョンは眠れない。




過呼吸と頭痛に悩まされるスファン.
動脈瘤が裂ける前に手術をするようにと医師から言われていた。
ウンテクはすぐ手術をしようというが会社を立て直すのが先だというスファン。
ウンテクにはスファンが愛するものの為に自分を捨てたように見える。




インジョンが出社しようと家を出ると玄関でシニョンとヨンギが待っていた。
インジョンが車に乗ると、シニョンを乗せることなくヨンギは車を走らせる。
「シニョンを利用するな、傷つけることするな」
「どうして?俺の心を与えるかもしれないのに?」




ロビーで顔を合わせた三人はエレベーターに乗り込む。
インジョンに聞かせるように親しげにシニョンと夕食の約束をするヨンギ。
「今日の夕方のスケジュールはシニョンの為にすべてキャンセルだ」
平静を装うが辛そうなインジョンを見たスファンはシニョンにやめるように言う。
「インジョンを苦しめるために仕掛けたことではない」
「会長が望まないと思います、私カン・ヨンギが本当に好きになりました」




ヨンギとシニョンの姿に苦しむインジョンに、スファンはすべてを告白する。
「カン・ヨンギが揺れるのかを試したかったんだ」
「信じないだろうが、ヨンギの心が揺れないことを願った」
シニョンを妬んだ時点で君は負けたんだ、ヨンギとまた始めろという。

スランは会社を訪れ、インジョンが居ると知ると、会長室で騒ぐ。
出ててくれとヨンギは怒鳴り、シニョンから聞いたスファンがやってくる。
「2人が出す結論を待とう」 とスファンは諭すがスランは2人を許すつもりはない。
海外に行く気持ちは変わらないのかとスランが尋ねると
会社が落ち着いたらそうするつもりだとスファンはこたえる。




2人が許せないインジョンはヨンギの元へいき、頬をたたく。
「人の心を弄ばないで!」
「お前を愛したくて、ちょっと試しただけだ」
「俺の愛は君を願うから!俺の愛はお前だけだから!」

「こんなにもばかみたいなカン・ヨンギ、どうしたらいいの」
「俺を愛すればいい、お前も俺と同じくらい俺を愛してるだろう?」
「そう、あなたを愛してる・・・カン・ヨンギを愛してる・・・」
「だけど私たち一緒に暮らすことは出来ない、自信がない」
ヨンギはスファンを忘れないし、スランが姉であることには変わりない。

「あなたも男だ、私を抱くとき、一度はイ・スファンを思い出すでしょう?」

「 約束する、あなただけ思いながら暮す、あなただけ愛して死ぬ、
 残った私の人生に男はカン・ヨンギ、あなた一人だ、
 だからもう私を離してください、ちょっと楽に生きさせてください」




インジョンが去って呆然と過ごすヨンギを連れ出したシニョン。
「ナ・インジョンのどこがそんなにいいんですか?」

「その女は、笑う時目が先に笑って、頭に来れば口角から上がって
 口を尖らせれば私の目を眺めることができない
 涙を流す時とても悲しく泣いて、私まで必ず泣かせて・・・
 私の心を楽にさせて、くたびれた私の心を休ませてくれた
 ナ・インジョン、その女は、傷だらけの私を撫でてくれた・・・」

シニョンが本気でそばに寄り添ってもヨンギには届かない。
「君はナ・インジョンじゃない」




インジョンの部屋のドアをたたくヨンギ。
帰ってきたファンは言うことを聞かないヨンギを殴る。
自分の愛情だけを大事にして、周りを巻き込み、
希望の家の立ち退きをさせたりするヨンギに怒るファンは
もう二度と俺の前に現れるな、といって去ってしまう。
インジョンにも会えずファンにも見放され、壊れるヨンギ。




「ヨンギから離れる方法を教えましょうか」
「本当に離れたければ、愛しながらなぐさめて、愛しながら軽くたたいて
 愛しながら理解させながら別れてください」
クリスチャンは、愛した時間と同じだけ分かれる準備期間が必要だ、
酷く愛するヨンギにも逃げようとするインジョンにも時間が必要だといい、
壊れていくヨンギを助けて欲しいと頼む。




ヨンギのもとをインジョンが訪ねる。
「私をたくさん待ったの?」
ヨンギはインジョンを優しく抱きしめる。


>> 戻る


悪い愛 | top↑
| ホーム |
CINDERELLA MAN
悲しみよりもっと悲しい話
日本公式HP
sadsad website


予告編


イ・スンチョル MV


キム・ボムス MV

「宿命」
since 20070126
CALENDER
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
SEARCH
MOBILE
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。